ゴルフスイングの小部屋

飛ばないゴルフスイング

「飛ばそうとすると飛ばせない」ゴルフスイングというのは、ゴルフの大いなるジレンマです。あなたもそんな経験があるでしょう。隠してもだめですよ。ゴルフスイングの基本に秘密はないのですから。

ゴルフスイングの基本という言葉に今反応しましたね。理屈は簡単です。飛ばしたいと考えてしまうと、無意識のうちに力を入れたドライバーショットになります。

しかし、腕力に依存したゴルフスイングでは、肝心の下半身を使えない事態に陥るので、かえってボールは飛ばないのです。飛距離性能をアピールするドライバーやボールの宣伝広告が、飛ばすことを奨めてきます。

ティーの上にある白いゴルフボールを見るだけで条件反射で「飛ばしたい」と思ってしまいまうのは皆同じです。飛ばしたいという欲求を抑えるのは仏門に入るしか道はありません。

どうすれば「飛ばしたい!」という邪念を取り払えることができるのかといえば、下半身主導のゴルフスイングを身につければよいと安易に解説する声が聴こえてくるような気がします。

おまけに、下半身主導のの効果てきんゴルフスイングを覚える練習があるという解説もあります。ゴルフスイングの構え方の時点で、肩と腕の力を抜いた状態を作り、ウエートを右へ移して右股関節をターンさせると、腕とクラブが自然についてきて右方向に揺れます。

そのタイミングでウエートを左足に移して左股関節をターンさせると、今度は腕とクラブは左へ揺れます。ちょうどブランコを漕いでいるように下半身主導で上半身を左右に揺することになります。

徐々に上半身を振る幅を大きくスピーディーにしていくと良いと言われます。下半身の動きだけで肩と腕を揺するコツがわかれば、腕力に頼ったゴルフスイングから脱却できるかもしれません。

フェースの芯

ゴルフスイングの素振りではしっかりと振り切ることができても、いざボールを目の前にすると振り切れないゴルファーが少なくありません。クラブのフェースをボールに当てようとする気持ちが生まれてしまって、下半身主導でゴルフスイングすることまで気が回らなくなり手打ちになるのです。

手打ちだとヘッド軌道が不安定になって、スイートスポットで打つことが難しいでしょう。困ったことに、芯で打とうと意識すると、かえって芯で打てないという悩みが生まれます。

どうすれば、ボールを前に立っても、素振りのように振り切ったフィニッシュをとれるのかを知りたいわけです。

まずは、フェースはその前面を余すことなく使えばよいと考えることです。ゴルフクラブのドライバーでもアイアンも、ヘッドの大型化と薄肉化のおかげでヘッドの慣性モーメントは極大化し、少しぐらいスイートスポットを外しても飛距離はそれほど変わらないと信じましょう。

さらに、ボールを念頭から外すトレーニングをつむことです。9Iで、目をつぶってボールを打つ練習をしてみましょう。目をつぶればボールを意識から外れるので、素振りのような感覚で振り切ってフィニッシュをとることができるかもしれません。

たまたま軌道の上に置いてあったボールにたまたまフェースが当たったと感じることができれば成功です。これができれば、少しずつ長いクラブでも試してみましょう。最後にはドライバーショットになっても目をつぶって打てるようになるかも、あくまでも「なるかも」です。

スイングの軌道はストレート軌道が基本

ゴルフというスポーツはクラブを使ってボールをヒットするスポーツです。ここでは、ゴルフスイングの基本についてお話していきます。フェースの芯に的確に当てることが非常に重要なポイントになりますが、それを実現するためにはクラブを振る際にいかに効率を上げるかが大切なことです。

ボールとターゲットを結ぶラインを意識してみて下さい。そのラインに対してクラブヘッドをできるだけ真っ直ぐにスイングするのが効率の高い軌道となります。クラブを振り上げたポジションをトップ・オブ・スイング、最後まで振り抜いた位置をフィニッシュと呼びます。

トップ・オブ・スイングとフィニッシュの両手の高さが同じくらいであればインパクトゾーンでの軌道が直線的になりやすく、クラブフェースの芯に当たる可能性が高くなります。飛球線の外側から内側へと向かって振り抜くとアウトサイドイン軌道と呼ばれ、内側から外側の方向へ振り抜くのをインサイドアウト軌道と呼びます。この2つの軌道ではフェースの芯に当てるのが難しくなります。

球筋は9種類

インパクトゾーンでのスイング軌道に従ってボールの打ち出される方向は決まります。その軌道に対して今度はクラブフェース面の向きでボールの曲がり具合が定まります。つまり、ストレート、アウトサイドイン、インサイドアウトの3種類の軌道と、軌道に対してスクエア、フェースが開く、閉じるの3つの組み合わせで9種類の球筋に分かれることになります。

プッシュ系の球筋はインサイドアウトの軌道でターゲットの右方向へ文字通り押し出す状態ですが、フェースの向きの違いで球筋は3種類に分かれます。プル系はターゲットの左方向に文字通り引っ張る動きで、ミッカケとも呼ばれているのを耳にしたことがあるかもしれません。

プル系の球筋もプッシュ系と同様にフェースの向きで球筋が3つに分かれます。アマチュアゴルファーに多いプルスライスの球筋は軌道がアウトサイドインで、クラブフェースがオープンの状態でヒットすることで起きるものです。

ボールのセット位置とダウンスイングの軌道の関係

シャフトが一番長いクラブはドライバーです。ドライバーでのゴルフスイングの場合、ボールをティアップして打つことになるため、左カカト内側の延長線上あたりにボールをセットするのがセオリーと言われています、右肩が少し下がって、ボールを斜め後方から見る感覚で構えます。

そのため、ウエートが右足に多めに乗ったアドレスをとるのが一般的です。結果から見ると、クラブヘッドがスイング軌道の最下点を過ぎて、上を向きかけたポイントでインパクトを迎えることになります。これをアッパーブローと呼んでいて、ドライバーに一番マッチした入射角で最大の飛距離が得られるように設計されています。

グリーンの上のボールを打つアイアンの場合は、クラブが短くなるほどスタンスのセンターに近いポジションにボールをセットします。ウエートは左右均等にかけて、ボールを真上から見下ろすイメージをもって構えることで、ボールを上から叩く感覚で鋭角的にヒットするのがセオリーです。