ゴルフスイングの小部屋

スイングの軌道はストレート軌道が基本

ゴルフというスポーツはクラブを使ってボールをヒットするスポーツです。ここでは、ゴルフスイングの基本についてお話していきます。フェースの芯に的確に当てることが非常に重要なポイントになりますが、それを実現するためにはクラブを振る際にいかに効率を上げるかが大切なことです。

ボールとターゲットを結ぶラインを意識してみて下さい。そのラインに対してクラブヘッドをできるだけ真っ直ぐにスイングするのが効率の高い軌道となります。クラブを振り上げたポジションをトップ・オブ・スイング、最後まで振り抜いた位置をフィニッシュと呼びます。

トップ・オブ・スイングとフィニッシュの両手の高さが同じくらいであればインパクトゾーンでの軌道が直線的になりやすく、クラブフェースの芯に当たる可能性が高くなります。飛球線の外側から内側へと向かって振り抜くとアウトサイドイン軌道と呼ばれ、内側から外側の方向へ振り抜くのをインサイドアウト軌道と呼びます。この2つの軌道ではフェースの芯に当てるのが難しくなります。

球筋は9種類

インパクトゾーンでのスイング軌道に従ってボールの打ち出される方向は決まります。その軌道に対して今度はクラブフェース面の向きでボールの曲がり具合が定まります。つまり、ストレート、アウトサイドイン、インサイドアウトの3種類の軌道と、軌道に対してスクエア、フェースが開く、閉じるの3つの組み合わせで9種類の球筋に分かれることになります。

プッシュ系の球筋はインサイドアウトの軌道でターゲットの右方向へ文字通り押し出す状態ですが、フェースの向きの違いで球筋は3種類に分かれます。プル系はターゲットの左方向に文字通り引っ張る動きで、ミッカケとも呼ばれているのを耳にしたことがあるかもしれません。

プル系の球筋もプッシュ系と同様にフェースの向きで球筋が3つに分かれます。アマチュアゴルファーに多いプルスライスの球筋は軌道がアウトサイドインで、クラブフェースがオープンの状態でヒットすることで起きるものです。

ボールのセット位置とダウンスイングの軌道の関係

シャフトが一番長いクラブはドライバーです。ドライバーでのゴルフスイングの場合、ボールをティアップして打つことになるため、左カカト内側の延長線上あたりにボールをセットするのがセオリーと言われています、右肩が少し下がって、ボールを斜め後方から見る感覚で構えます。

そのため、ウエートが右足に多めに乗ったアドレスをとるのが一般的です。結果から見ると、クラブヘッドがスイング軌道の最下点を過ぎて、上を向きかけたポイントでインパクトを迎えることになります。これをアッパーブローと呼んでいて、ドライバーに一番マッチした入射角で最大の飛距離が得られるように設計されています。

グリーンの上のボールを打つアイアンの場合は、クラブが短くなるほどスタンスのセンターに近いポジションにボールをセットします。ウエートは左右均等にかけて、ボールを真上から見下ろすイメージをもって構えることで、ボールを上から叩く感覚で鋭角的にヒットするのがセオリーです。